憧れの家づくりを実現したい方へ

コラム

日本の住宅寿命30年、イギリス141年・・・理由は「壁内結露」!

みなさま、こんにちは!みんなの注文住宅です。

みなさまは日本の住宅の寿命が短いということをご存知でしょうか?
日本の住宅は大体30年程度でガタがきて、リフォームが必要ということは既にご存知だと思います。
では、海外の家はどうかというと・・・
イギリスは141年、アメリカは103年、フランスは86年、ドイツは79年という1世代がずっと住み続けることができるほどの長寿命なのです。

なぜこんなにも住宅のライフサイクルが違ってきてしまうのでしょうか?


質より量をとった日本の住宅

日本の高度経済成長期では、最重要課題が住宅を確保することでした。
少子高齢化が進み始めた今とは異なり、住宅不足の時代。政府は質より量を重視した政策をとりました。
その結果、コスト重視の建材を使用したことによる弊害が今になって顕在化してきてしまったのです。

そのなかでも最も大きな原因は高温多湿の日本では大敵である壁内結露。夏でも冬でも関係なく発生してしまいます。
この壁内結露は構造材の腐食や蟻害につながり、住宅の寿命を遥かに短くする原因なのですが、
当時使用していた断熱材のグラスウールはこの壁内結露を防ぐことができません。


家の大敵!壁内結露の仕組み

では壁内結露はなぜ起こってしまうのでしょうか?
冷えたコップに空気中の湿気が冷やされ水滴となる、これが結露の仕組みです。
これと同様に、室内の暖かい空気が壁の内部に侵入し、壁内の温度が冷えることによって断熱材の中で結露が発生します。
これによって、断熱材の中に水分がたまり、カビが発生して、構造材を腐食させて耐久力がなくなることになります。


壁内結露を防ぐ方法とは?

壁内結露を防ぐ方法、それは断熱効果の高い断熱材を使用することです。
断熱材については、みんなの注文住宅で使用するおすすめの断熱材を詳しくご紹介しているので
こちらの記事をぜひご覧ください。

家の温度と湿度を快適に保つ内断熱の秘密「セルロースファイバー」
暖かい家に不可欠な断熱材選びのヒミツ、外断熱「フォルテボード」とは?


みんなの注文住宅では、みなさまが終の棲家として住まれる家では快適な住まいに住めるように、
設計の段階から現場を知る設計士とお話できる環境をつくっていくことを強くおすすめしています。

私たちは世界でひとつのみなさまの家族のために、世界でひとつの家をつくるお手伝いしています。
将来の夢、これからのライフスタイルを見据えたアナタだけの家づくりをお手伝いするために、
みんなの注文住宅スタッフが全力でお手伝いさせていただきます。
私たちスタッフに営業マンは1人もいません。実際に現場に携わる人間がひとりひとり対応させていただきます。
みなさまに心の底から信頼していただいて相談いただき、家づくりをサポートさせていただく。
そんな、みなさまが幸せになるお手伝いをぜひさせてください。

みなさまの些細な疑問にもお答えできるよう、無料相談会も実施しておりますので、
ご興味のある方は下記お問い合せよりお気軽にご相談ください。


この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

夏は涼しく、冬は温かい!ダブル断熱で魔法瓶状態のお家

アレルギーの原因になるお家、その理由とは?

成功する家づくり「工務店を見抜く5つの秘策」 ~100人のOBお施主様と30人の工務店経営者に聞きました~

お問い合わせはこちら